2018年秋冬の音楽トレンドを予想

a0014067_15404982.jpg

次はコレが来る!最新のトレンドを予想!とかは記事がたくさん出てると思うので他所で読んでください。ちなみにテクノが来る!なんて言われてますがメディアに左右されずに安定してるのがテクノの良さだと思うし、EDM含めデジタルな音色は全部テクノだと思ってます。

作曲が一段落したので頭をフラットにするために、色んな音楽を聴いたり雑誌やブログを読んでたら気が付きました。今後来るであろうダンスミュージックの傾向、僕なりの分析。

スウィング
ハネてるリズム。2つ目の音符をズラすことでノリが生まれる。ジャズやハウスでよく使われる。最近ではメロディに多用してる印象。ストレートと三連符のいいとこ取り。4分音符は変わらないのでDJ的にも安心ミックス。三連符までいくとミックスがズレてるように聴こえるので要注意。

参考曲↓「Hamby」三線っぽいシンセフレーズがそれ。

ペンタトニック
五音音階のこと。日本音階(ド・レ・ミ・ソ・ラ)や琉球音階(ド・ミ・ファ・ソ・シ)など、1オクターブに五つの音が含まれる音階のこと。エキゾチックな響きに聴こえます。二音少ない分簡単だと思いがちですがコード進行や現代音楽と合わせるときにテクニックが必要。

参考曲↓「Ramen」自分がつくる曲はほとんどペンタトニックですがわかりやすい例として。


音数少なめ
少なくすることで聴き取りやすくなる。音数を増やして音を厚くするよりもハッキリ聴こえる印象。例えばメインのメロと他のメロが同時に鳴っていると意識が散漫になりがち。思い切って主メロいっこにしたら追っかけやすいし音圧も稼げる。

参考曲↓「One Waon」最大同時発音数「1」という極端なパターン。



以上の傾向が目立つように感じました。先週できた曲にも入っています(仮タイトル:Gero House)。お楽しみに!


[PR]
by rkdj | 2018-09-03 15:51 | Tetsushi Hiroyama

RYUKYUDISKO「島国根性」
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31