バンドとソロの違い − メリットとデメリット

バンドとソロの両方やっています。活動してて感じたメリットとデメリットをまとめてみます。※経験から基づく個人的な意見です。

a0014067_23430404.jpg
RYUKYUDISKO (バンド・ユニット)
弟と一緒になんだかんだ10年以上やっています。沖縄系テクノ系ダンス系DJ。アルバム製作中!の予定だったけどなんだかんだペンディング。

作曲におけるメリット
バンド:協力し合って分担できる。
ソロ:気の向くままやりたいようにできる。

作曲におけるデメリット
バンド:意図しない方向に行く場合がある。
ソロ:全作業の負担が個人に乗っかる。


アイディアのメリット
バンド:複数のアイディアを元に発展できる。
ソロ:自分のアイディアが好きなように表現できる。

アイディアのデメリット
バンド:素晴らしいアイディアが思いついても満場一致とは限らない。
ソロ:最高だと思っていても、気づかずに脱線したまま方向修正できない場合がある。

a0014067_23435536.jpeg
NEENEE (バンド)
ヤマト(Vo)、タカシ(G)、セイジさん(B)と四人でやっています。現在セカンドアルバム制作中!

ライブのメリット
バンド:音的にも見た目的にもグルーヴ感が出る。万が一失敗してもフォローし合える。
ソロ:構成・演出が理想のストーリーで成り立つ。フットワークが軽い。

ライブのデメリット
バンド:スケジュールの調整が合わない場合フットワークが重くなる。
ソロ:失敗したら音が止まる。人為的なパフォーマンスに限界がある。


プロモーションのメリット
バンド:友人・関係者の付き合いの幅が広く、多方面にアピールできる。
ソロ:狙い撃ちで内容に特化した層へ発信できる。

プロモーションのデメリット
バンド:ふさわしくない発言が取り上げられ腑に落ちない時がある。
ソロ:めんどくさく感じる。

a0014067_23432557.jpg
TOQUIO LEQUIO TEQUNOS (バンド)
クボタさん(B)、タロウさん(G)、マシータさん(Dr)と2010年に結成。しばらく音沙汰ありませんがいきなり音源つくりたいモード。今度提案してみよう。

ストレスのメリット
バンド:ぶつかって喧嘩してそして成長する。
ソロ:そもそもたまらない。

ストレスのデメリット
バンド:喧嘩しないに越したことない。もし抱え込んだら言ったほうがいい。
ソロ:そもそも言う相手がいない。

a0014067_23445566.jpg
ORIONBEATS (ソロ)
主に音源発表を中心に活動しているソロ。曲もたくさんできてきた、そろそろライブがしたい。WAEPシリーズで和風ダンスミュージックを提案。WAEP5発売中、WAEP6近日発表!

楽屋のメリット
バンド:和気あいあい楽しい。
ソロ:集中しやすい。

楽屋のデメリット
バンド:集中したいのにうるさい。
ソロ:一人さみしい。

a0014067_23450196.jpg
Tetsushi Hiroyama (ソロ)
主にDJ活動のソロ。プロデュースもやっています。メリットは自分が関わった全てのプロジェクト(バンド・ソロ含む)の音を自由にDJ・演奏できる事。

出前のメリット
バンド:色んなメニューがシェアできる。
ソロ:今日もラーメンにしよう!

出前のデメリット
バンド:同じ店にしたほうがいいよね。。。
ソロ:昨日もカレーだったのに。。。

以上。
次回は「メジャーとインディーと自主レーベルの違い」を書きたいと思います。

WAEP5オンBeatportをチェックする↓





[PR]
by rkdj | 2017-04-19 00:01 | Tetsushi Hiroyama

RYUKYUDISKO「島国根性」
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31